フォト
無料ブログはココログ

« 鹿男あをによし、終演。 | トップページ | 土居年樹さんのお話 »

2008年3月22日 (土)

秋山和慶先生 奈良へ

世界の巨匠の指揮者、秋山和慶氏がふたたび奈良に来ておられます。

前回は2004年9月の奈良フィル定期演奏会で指揮され、大好評を博しました。

ふたたび奈良フィルの熱烈なリクエストをうけて、以下のように奈良フィルの定期演奏会で指揮をされます。久々の来奈、大いに楽しみです。当日チケットもあるようですから、ぜひ聴きに行っていただきたいと思います。

とき:2008年3月23日(日) 午後1:30開演

場所:奈良県文化会館       近鉄「奈良駅」下車 東へ5分

指揮  秋山和慶

(2004年4月より広島交響楽団 音楽監督・常任指揮者、九州交響楽団 ミュージック・アドヴァイザー/首席指揮者に就任。2004年9月より東京交響楽団 桂冠指揮者に就任する。)

ヴァイオリン 岩谷祐之
チェロ   西谷牧人
                                      
 ◆曲目◆
組曲《火の鳥》(1919版)/ストラヴィンスキー

ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲/ブラームス

交響曲第8番/ベートーヴェン  

入場料(全席自由)   当日 一般 4,000円  高校生以下 2,500円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

練習後の秋山先生にお会いできました。秋山先生は「近鉄が道路の上を走っていたころから奈良は何度も来ている」とのことです。大阪フィルと何度も来ておられるとのことでした。

« 鹿男あをによし、終演。 | トップページ | 土居年樹さんのお話 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿男あをによし、終演。 | トップページ | 土居年樹さんのお話 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31