フォト
無料ブログはココログ

« ふるまい | トップページ | 東大寺修二会へ 2 »

2008年3月 2日 (日)

東大寺修二会へ

Scimg4253_6 3月1日から、東大寺修二会がはじまりました。予定通り遠方の友人H氏がはじめて見学にやってきましたので、いっしょに楽しむことができました。

昼からまず、奈良国立博物館で現在開催されている「東大寺お水取り展」を見学しました。

そして4時から友人のSさんらがされている奈良インターカルチャー主催の、東大寺お水取りのお話を、100人の皆さんとともに、執事長の筒井寛昭師から1時間あまりにわたってうかがいました。

精進料理のお弁当のあと、おたいまつの場所は各自それぞれに分かれましたので7時まで1時間あまり、二月堂の真下で待ちましたが、みごとなおたいまつを拝見することができました。写真は後日ご披露します。

その後は、内陣で11人の練行衆の皆さんの初夜の悔過の行を拝見・拝聴してきました。夜更けとともに寒さが増してきました。暗いお堂の中で、響き渡る声明やお経、ほら貝やいろいろな所作の音、全国の神様を読み上げる神名帳などすばらしい世界がくりひろげられました。。西暦752年大仏さんの開眼の年から、ことし1257回目。欠かさず続けられているということのなかに、すばらしい歴史と伝統、を感じました。それはたぶん、1257年前と同様であろうと想像すると、修二会を僧侶とともに多くの人々が支え続けてきた重みとともに、時間的な同時性をふかく感じるものでした。

« ふるまい | トップページ | 東大寺修二会へ 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるまい | トップページ | 東大寺修二会へ 2 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31