フォト
無料ブログはココログ

« 秋山和慶先生 奈良へ | トップページ | 「奈良小唄」と「奈良盆踊」の復活2 »

2008年3月23日 (日)

土居年樹さんのお話

昨日奈良で土居年樹さんのお話を久しぶりに聞く機会を得ました。大阪天満3丁目商店街の理事長さんであり、いろんな役職などをお持ちであり、たいへんご活躍されている陶器店の社長さんです。

天満繁盛亭をたちあげ、ひっぱっている人というのがわかりやすいかもしれません。

この日語られた「よく商店街は町の顔といわれるが、わたしは商店街は町の心臓やと思っている。商店街がなくなったら、町は死んでしまうんや」という言葉はどきっとするものでした。いろいろな具体的な実践をされ、その中から語られる言葉は本物だと思います。

土居さんの紹介のページがありました。http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/kanko/mr_doi.html

講演終了後、土居さんから「がんばっとるなあ。もちいどのもだいぶ良くなってきたなあ」というありがたい言葉をいただきました。

土居さんにはおからだに気をつけていただき、あちこちを叱咤激励ご指導を続けていただきたいと期待します。

« 秋山和慶先生 奈良へ | トップページ | 「奈良小唄」と「奈良盆踊」の復活2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋山和慶先生 奈良へ | トップページ | 「奈良小唄」と「奈良盆踊」の復活2 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31