フォト
無料ブログはココログ

« 闘う商店街 | トップページ | なら写真ガイドCD-ROM »

2008年2月24日 (日)

近頃のまちかどで。

テレビ「鹿男あをによし」、おもしろいですね。まんぎょくさんに、ピノキオさん、テン・テン・カフェさんなどあそこだとわかる奈良のあちこちが出てくるのも楽しいですね。もちいどの夢キューブのOさんご夫妻は、番組のバックアップに大活躍のご様子。ロケの裏話などなかなか興味深くご苦労もうかがいながら、おちゃっちゃさんで台湾茶のれい茶をいただきました。

ある会合で「いま奈良の町を妖怪がうごきはじめている。きもちわるい。」なんのことかと聞けば、例の昔の子供の頭からにょっきり角をはやしたマスコット人形のことでした。わたしが出会う奈良の街角のひとからだれも応援する声は聞こえません。あらためて、公募し直したほうが良いと思います。もっと若い人のアイデアですばらしいマスコット人形が登場すると思います。

« 闘う商店街 | トップページ | なら写真ガイドCD-ROM »

コメント

リジチョーさま こんばんは。

その節もありがとうございました。

ラジオを聴いて。と今日、お客様がご来店くださいました。
ありがとうございました!

バックアップだなんて、とんでもないです^^
楽しく首を突っ込ませていただいています。

 大学1年になる長男がインターネットで“昔の子供の頭からにょっきり角をはやしたマスコット人形”の画像を見て、「気持ち悪い」と言っていました。
 私も調べてみましたが、確かに親しまれるデザインとは思えません。高名な仏像彫刻家によるものですが、理念倒れの悪例でしょう。残念なことです。

やいちさん。コメントありがとうございます。気持ち悪い、というのがふつうの受け取り方だと思います。せっかくの遷都1300年がこのマスコット人形で、県外の方、県内の方の気持ちに水をかけたように思います。反対の署名運動もはじまり、テレビでも関西のみならず、全国版でもとりあげられています。この不評のマスコット人形ではなく、一から公募で、ひろく投票をおこない、皆に愛されるすばらしいマスコット人形が選び出されることを希望します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 闘う商店街 | トップページ | なら写真ガイドCD-ROM »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31