フォト
無料ブログはココログ

« えんまもうで | トップページ | 中越沖地震 »

2007年7月16日 (月)

長野市へ

Scimg3274 Scimg3276 Scimg3280 先週、中心市街地の先進地例として、奈良市や奈良商工会議所の皆さん、地元の皆さんと10数人で長野市の視察に出かけました。近鉄特急ー東海道新幹線ー名古屋から長野までの特急を乗り継いで、5時間で昼過ぎ到着。長野市役所のまちづくり推進課そしてまちづくり会社の皆さんに、パワーポイントや資料をつかっておはなしをうかがいました。

その後ご案内を受けながら、中心市街地を見学のため、100円で市内中心市街地をまわる「ぐるりん号」というバスで善光寺へ。落ち着いたみやげ物や仏具やそばやさんなどが並ぶ仲見世を通って、工事中の三門の横を大回りして本堂へいきました。江戸時代再建されてことしがちょうど300年ということです。

そして善光寺から中央大通りをJR長野駅方向へあちこちを見学しながら歩きました。長野の中央通りは戦災に会ったのではなく、大正時代に道路が拡幅されたということでした。また、両側のお店のたたずまいは、たとえば文具店では古いタイプラーターからいまは見かけなくなった東芝のワープロまで展示してあり、まちかど博物館が充実していました。また、途中のお店のそれぞれの正面(ファッサード)が、なにか統一された雰囲気をもっていました。それは、まちづくり協定があるのか、あるいは自主的なものかどうかはわかりません。

途中まちづくり会社がつくられたパテイオ大門も立ち寄りましたが、hpからうける印象以上に重厚で、総工費5億円とのことですが、りっぱなものでした。

そごう、とダイエーが退店したあとも見学、当時一番の人出の交差点であっただけに、そのふたつの退店はたいへんなことであったそうです。

そごうのあとは、地元放送局や地権者の皆さんの手で建て直されたとのこと。ダイエーのあとは長野市長さんの英断で長野市が取得し、1階をまちづくり会社による食料スーパー、2階以上は市役所関連施設としてつかわれ、ちょうど翌日の新聞には上層階のつかわれていない数階はNTTのコールセンターが入ることになったと伝えていました。

あちこち散策しながらようやく駅前のホテルに到着。数人で中心市街地のアルプス温泉という360円の入浴料の銭湯へいき、再開発ビルの飲食店で夕食会に参加、夜遅くまで長野市をたんのうし、いろいろと話をしたことでした。

« えんまもうで | トップページ | 中越沖地震 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« えんまもうで | トップページ | 中越沖地震 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31