フォト
無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

奈良市域

奈良市の東部丘陵地帯は、広く、市の境はあまりよく知りません。奈良市は月ヶ瀬村、都祁村と、平成17年4月1日に合併しています。これで、奈良市は直接三重県と接することになりました。単線のJR関西本線であり、名阪国道などで、三重県ともつながっています。

奈良市などの合併協議会のhpはまだ残っていました。

http://www.city.nara.nara.jp/b_hp/gappei/index1.htm

2006年11月29日 (水)

木津川市

奈良市は、奈良県の一番北であり、京都府に接しています。木津町とか加茂町とかは奈良市内から車で10分あまり。府県境、市境ということも、日頃はあまり意識していません。

が、情報などはずいぶん遠いような気がします。ひさしぶりに、車を走らせると、[平成19年3月12日に「木津川市」になります]との看板を見つけました。あとわずか4ヶ月さきのことです。

いままで何度となく、合併のはなしが出ては流れていましたが、今回は、木津町、加茂町、山城町の3つが合併するようです。

合併協議会のhpです。http://www.kky3gp.jp/

2006年11月28日 (火)

現場主義

かつてのNTTドコモの社長さんのお話を聞く機会がありました。いろいろなお話の中で、「現場に出かけて、現場を見て、現場の話を聞き、現場で考える」といった一節が耳に残りました。

昔から、「百聞は一見に如かず」ということばがあります。

辞書によれば、(「漢書」趙充国伝から)人から何度も聞くより、一度実際に自分の眼で見るほうが確かであり、よくわかる。の意、とありました。

心したいものだと思った次第です。

2006年11月27日 (月)

奈良自律移動支援プロジェクト

Save0106 近鉄奈良駅で、ためしてみませんかと、すすめられた実証実験モニターです。他へいく用事があったので、説明だけ聞いて、実際体験できなかったのが残念ですが、10月ころ新聞で拝見していたプロジェクトです。10月11月と日曜日、体験できたようです。

もう実証実験は終了という、プロジェクトですが、参考までにhpは以下の通りです。

http://www.pref.nara.jp/doroi/jiritsu/

2006年11月26日 (日)

地名

大和郡山市、赤穂、明石、名古屋、静岡など、もと城下町に近頃いって気がついたのですが、丸の内とか、魚の棚、伝馬町とかというのは、案外それぞれの町にもあるのだな、ということです。丸の内は東京の地名かと思えば、名古屋にもあり。魚の棚は明石と思っていたら名古屋にもあるのです。

奈良市は城下町ではないと思っていたのですが、黒髪山のいまの若草中学校あたりに、多門城があったといいます。

奈良市の地名も、細かく、たくさんあり、読みにくい町名もたくさんあります。町名は歴史ですから、解き明かしていくこと、伝えていくことが大切だと思います。

2006年11月25日 (土)

写真など

いつもブログを見ていただきありがとうございます。「添付の写真などをクリックすると、下の方が切れてしまうけれど、どうしたら良いのか?」とメールいただきました。どうしたら、うまくいくのか、下の方をきれないようにするには、どうしたら良いのか、よくわかりません。

が、写真の上で右クリックして、画像を保存するでクリック、デスクトップで保存して開くという方法が良いようです。お試しください。

11月も終わりに近づきました。朝晩寒くなり、風邪の方の話もうかがいます。おからだ、おいといください。ではまた。

2006年11月24日 (金)

名古屋駅前

出張で、名古屋の駅前をひさしぶりに歩きました。地上47階のビルは、とても高く、JR名古屋駅のホテルマリオットの2つの高層ビルなどにはさまれて、あたりの様子がずいぶん変わりました。

いま元気なのは、名古屋地区だということを講演で聞きましたが、それを象徴するような高層ビル街になりました。

夜になると、JR高島屋の壁面は大きなスクリーンになっていて、動画が映し出されていましたが、どこから、映し出されているのか、わかりませんでした。

(以下は、説明の記事です。)

ミッドランドスクエア(豊田・毎日ビルディング)は、愛知県名古屋市中村区名駅4丁目701番地に建設中の、東和不動産トヨタ自動車毎日新聞のビルで、2006年10月にオフィス主体の高層棟が先行して開業し、2007年春に映画館などが入る商業棟も含めて全館開業する予定。総事業費1000億の大企業2グループのみによる共同ビルにも関わらず、市街地再開発補助金を受けている。

ミッドランド(Midland)とは、中部地方の意。

概要

当初の設計ではJRセントラルタワーズと同じ高さであったが2m高くなることになり、名古屋圏で最も高い建築物となった。 屋外型展望施設としては日本一の高さとなる「スカイプロムナード」がオープンする。 尚、一般向け商業施設等が開業していないため、部外者の立ち入りは原則拒否の掲示がされている。

2006年11月23日 (木)

一汁三菜

0062_1 新聞を読んでいたら、最近の食事のことが書かれていました。一汁三菜が大切と言っておられる先生の記事です。そして、「三種の食器で食文化は復活する」と提唱されています。

まったく同感です。とくに、陶器の食器できちんと食べることは大切だと思います。

(新聞はクリックすると大きくなります。)

2006年11月22日 (水)

奈良の魅力映像ボックス

動画で奈良の魅力を伝えるサイトができたそうです。PCの設定がうまくいかず、画像がなかなかうまく出なかったのですが、ようやく見ることが出来るようになりました。奈良県の社寺やみどころが、2分から10分ほど動画で紹介されます。奈良県も南の方や行ったこともないところがたくさんあるものです。奈良検定の受験準備にも良いかもしれません。現在80ヶ所くらいですが、プログラムはこれからも増やすということです。

一度ごらん下さい。

http://www.miryoku.pref.nara.jp/

2006年11月21日 (火)

奈良漬を使ったメニュー

奈良女子大学現代GP推進室から案内をいただきました。_ なかなか楽しみな企画です。

奈良漬を使ったメニューの試食会
 ◆日時 2006年12月8日(金) 14時~15時30分
             (試食時間14時15分~15時15分)
 ◆場所 春日ホテル
 ◆内容 奈良漬メニューの試食会
     ~奈良で学ぶ奈女大生の奈良漬への熱い想い~
 ◆会費 無料
 ◆主催 奈良女子大学生活環境学部現代GP推進室
 ◆後援 奈良県・春日ホテル
 *詳細は、http://koto.nara-wu.ac.jp/news/H18news/061114.htm
  をご覧下さい。

2006年11月20日 (月)

斑鳩の里から信貴山へ

Save0101 Save0102

友人が主宰されている奈良インターカルチャーからのご案内です。

12月4,5日と添付のような(クリックしてください)盛りだくさんのプログラムで楽しめるそうです。通しの参加も、好みの部分だけの参加も大歓迎とのこと。

宿舎も、信貴山の宿坊や、旅館に特別値段で宿泊できるとのことです。

申し込みは、sumss@nifty.comへとのことです。電話問い合わせは,080-1442-0851へ。

2006年11月19日 (日)

信貴山

20061118_132901782 Save0100 機会があり、夕刻の信貴山におまいりに行きました。3つの宿坊のひとつ、成福院のご住職のお話を聞きました。

参道の灯篭には灯がともり、落ち着いた時間でした。本堂にも特別参観。毘沙門天がご本尊です。寅年、寅日、寅刻に信貴山に出現されたとのことです。

紅葉がすばらしいところです。くわしくは、hpをご覧ください。

http://www.sigisan.or.jp/

2006年11月18日 (土)

「京都国立博物館」

Skyouhaku Save0104                                                                        

京都国立博物館では、「京焼」展が、11月26日まで行なわれています。野々村仁清や尾形乾山などに代表される著名陶工の作品や、御所などで発掘された陶器など多数展示されていました。

陶器でこんなのものを作れるのかという挑戦も京焼の魅力です。

いろいろな作品は、すばらしいものでした。陶器を扱う者して、やはり陶器は芸術性のとても高いものであることを、あらためて再認識したことでした。

京都国立博物館のhpはhttp://www.kyohaku.go.jp/

です。

2006年11月17日 (金)

入江泰吉「おん祭り」

Save0099 奈良市写真美術館では、この11月18日から12月24日まで「おん祭ー戦後から昭和50年代ー」という入江さんの写真展が行なわれるそうです。

おん祭りといえば、800年以上の伝統を持つ国の重要無形民俗文化財に指定された、古都奈良の1年の最後を飾る伝統行事として有名です。

奈良の子供は、その日は学校も早く終わり、楽しみに見に行ったおまつりです。カニ売りなど出店やめずらしい出し物や、植木市などもたくさんありました。近ごろはすこし出店などは変わりましたが、遠方からも見に来られるおまつりです。(おん祭りは12月15日から18日まで)

奈良市写真美術館のHPはhttp://www1.kcn.ne.jp/~naracmp/です。

2006年11月16日 (木)

関西文化の日

Save0098 今まで知らなかったのですが、関西文化の日が今年で4年目で、250以上の施設が、この18,19日を中心として、入館無料とのことです。

たとえば、奈良市写真美術館は18日から、春日大社の「おんまつり」特集ですが、その日は無料と書いてありました。

くわしくは「関西文化.com」http://kansaibunka.com/をごらんください。

2006年11月15日 (水)

松伯美術館

近鉄学園前駅を北に歩くと大渕池があります。その池のほとりにある、松伯美術館は、日本画を中心とした美術館です。亡くなられた、近鉄の佐伯もと会長さんのご自宅あとと、聞いています。12月3日まで、余白の美という展覧会が開かれているそうです。hpは以下の通りです。

Save0097 http://www.kintetsu.jp/shohaku/index.html

2006年11月14日 (火)

万葉文化館

Save0096 奈良県明日香村にある、県立万葉文化館のチラシを手に入れました。開館5周年ということです。

hpは以下の通りです。

http://www.manyo.jp/

2006年11月13日 (月)

興福寺に会津八一歌碑を

Save0093 会津八一の歌碑を興福寺に建てる準備が進められているということです。現在募金をつのっておられるそうです。

「春来ぬと 今か諸人 ゆきかえり ほとけの庭に 花咲くらしも」

2006年11月12日 (日)

正倉院展最終日

11月10日はとてもよい天気でしたが、天気予報の通り11日は1日中雨が降ったりやんだりでした。先日奈良でも初霜のたよりがありましたが、きょう12日は朝から、涼しいというよりめっきり寒くなったという感じです。

きょうは、正倉院展も最終日です。いろんな催しもきょうまでというのが多いようです。奈良の町中のスタンプラリー「はじまりは正倉院展から」も好評を博しましたが、きょうが最終日です。

2006年11月11日 (土)

「天界の道」

Ssave0077 友人から、奈良吉野・大峰 山岳の霊場の写真集が出たと案内がありました。奥駆けの道の写真集です。

奈良にいても、大峰山参詣の機会はなかなかありませんし、なかなか行けるものでもありません。

高野山出身の永坂さんという写真家が撮られた、なかなかすばらしい吉野・大峰の写真集です。小学館発行、本体2800円。

2006年11月10日 (金)

奈良市まちづくりシンポジウム

Save0091 8日奈良市まちづくりシンポジウムが多数の方をお迎えして行なわれました。

現在奈良市では、国に提出する、中心市街地の基本計画策定に向けて準備中です。

奈良市、奈良商工会議所、中心市街地の商店街の連携、同じベクトルに向けた活発な活動が必要だと思います。また、地域の住民、消費者、大学、NPO組織、関係機関のご協力が必須だと思います。

奈良が住んでよい町、訪れてすばらしい町になるためには、まだまだやらなくてはいけないことが多いと思います。

2006年11月 9日 (木)

まちぐるみで子育て

Save0090_1 このほど復刊した地方紙、「奈良日日新聞」で、奈良もちいどのセンター街での子育て支援が8日付けの同紙に紹介されています(記事をクリックしてください)

また7日の夕方、NHK大阪の生のラジオ番組で、現地レポートしてくれました。番組の中で、商店街の専務理事のU君が、「かつての商店街にあったまちぐるみで子育てすることが、今大事ではないかと思い、商店街で話し合い、この行事を応援している」と、上手に説明してくれました。

2006年11月 8日 (水)

お宿博物館

Save0087_1 奈良のホテル旅館では、お宿博物館「まちかど正倉院」をされています。蔵から出てきた庶民の宝物ということです。

サンルートホテル奈良のロビーでは、ホテルの前身である、尾花座という劇場であったころの、なつかしい映画のチラシなど資料が展示されていました。

2006年11月 7日 (火)

「これからは、もちいどの」

昨年、もちいどのセンター街に移ってこられたという、和風居酒屋さんの奥さんの言葉です。22年間駅近くで、洋風居酒屋さんをされていました。

古くからの町であり、新しい人たちもやってきている、もちいどのは、これからの町だと思ったそうです。観光の方がたくさんきてくれるけれど、地元の人にもっときて欲しいとのことでした。

プラス思考にあふれた奥さんの言葉に、心和むものがありました。

晴朗亭勝手口というお店の名前もユニークです。http://seiroutei.dip.jp/bin/diarypro/diary.cgi

2006年11月 6日 (月)

歩いてみる奈良の町

奈良の町は車で横切るとわりあい簡単に抜け出てしまうような気がします。奈良の町は、歩いて楽しむ町であるということを、近ごろ多くのひとが語っておられます。朝の散歩も多いようです。おすすめコースも、いろいろありますし、いろいろなスポットもたくさんあります。

春や秋はとりわけいわゆる良いシーズンとして、ほかから来られる人も多い季節です。たしかに気持ちよい季節ですし、木や花がいろいろな景色を見せてくれます。

そして夏の暑さの良さ、冬の寒さの良さ、それぞれあるような気がします。春夏秋冬魅力があり、歩いてみる楽しさのある町だと思います。

2006年11月 5日 (日)

「奈良検定」実施要項

奈良検定のことをうかがってきました。はじめての奈良検定が話題を呼んでいます。テキストも良く売れ増刷したとのことです。事前研修はすでに満員だそうです。

本屋や奈良商工会議所で、実施要項をもらいました。締め切りは11月末日です(郵送は12月4日必着)。試験日は来年2007年1月14日、奈良の大学でということです。インターネットからも申し込みできるそうです。

くわしくは以下のhpをご覧ください。http://www.nara-cci.or.jp/narakentei/index.htmlSave0065

2006年11月 4日 (土)

正倉院展情報

Save0084 今年は連日天気もよく、先日入場者数が10万人を越したとのことです。入場者が多いと入場制限があり、行列ができているようです。

11月2日木曜日は、朝から昼過ぎまで入場制限で大人数だったようです。午後4時ころでかけた人は、10分くらい待って入ったけれど、中は入り口あたりが混んでいたけれど、ゆっくり見ることができたということです。もっとも、3日はかなりの時間待たなければならないとかいっています。

団体や日帰りの遠方の方は、3時ころまで多いようですが、4時ころから5時ころ入館するのが、コツかもしれません。

「はじまりは正倉院展」のスタンプラリーも参加者が多く、抽選で当たる正倉院模様の風呂敷は大人気のようです。3,4,5日の連休、とても人が多い奈良の様子です。

2006年11月 3日 (金)

正岡子規

Save0076 奈良市雑司町にかつてあったという、旅籠「対山楼」は会津八一ら、有名な人々が泊まったというはなしですが、現在は実際にはありませんので、あまりよくは知りません。が、かつての旅籠があったところに、最近、正岡子規の庭をつくり、句碑が建てられたと新聞で伝えられています。「秋暮るる 奈良の旅籠や 柿の味」(子規)

法隆寺あたりでつくられたという、正岡子規の「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」という句も有名です。

(記事をクリックしていただくと大きくなります)

2006年11月 2日 (木)

夕日

Save0082 11月になりました。ことしは、10月暖かい日が多く、あまり寒い季節という感じではありません。それでも紅葉のたよりが聞こえてきます。

いつものご夫婦から、秋を感じさせる「夕日」の歌が贈られて来ました。

2006年11月 1日 (水)

もちいどの夢キューブ

Save0080 奈良もちいどのセンター街の真ん中の空き店舗が、国、県、市の応援を得て、来年の春にインキュベーダー施設(新規創業者のための商業施設)に生まれ変わります。商店街が力をあわせ、多くの人に楽しんでもらえる商店街作りの一環です。約250平方メートルの敷地に、9区画ほどの、ショップができる予定です。

9月に古くなった元パチンコ店の建物の解体がはじまり、、10月7日に地鎮祭があり、いよいよ建設に取り掛かります。

施設の名前は、商店街の皆の投票で、「もちいどの夢キューブ」に決まりました。新規創業者の皆さんの夢と、商店街の活性化という夢がかなうことを願い、また、12から20平方メートルのそれぞれのショップは、形もキューブの集まりといえるからです。

11月中新規創業者の出店を募集しています。多数の夢をもった新規創業者の皆さんの出店をお待ちしています。くわしくは奈良もちいどのセンター街のhpをごらんください。http://www1.kcn.ne.jp/~mochiido/

添付は、10月31日の奈良新聞の記事です。(クリックしていただくと、大きくなります)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30