フォト
無料ブログはココログ

« スポーツは文化だ | トップページ | 重源上人800年御遠忌 »

2006年10月10日 (火)

「高松塚美人の涙」

日本テレビ系列で、高松塚古墳のカビなどの汚損事故の話が放映されるという友人からのメールで、9日深夜に見た番組です。1972年明日香村での大発見。国が、文化庁がきちんと保存管理していると信じていたのが、裏切られ、保存状態が良くないとのこと。あの美しく描かれた白虎や飛鳥美人が、カビやライトの転倒事故で、ずいぶん痛んで、色の退色が進んでいるということです。

発見から30年あまり。それまで1000年以上にわたり人知れず美しく隠されていたものが、大掛かりな保存設備で、国によって守られていたはずが、いとも簡単に劣化した事実は実に不可思議なことです。

数年前見にいったのですが、まわりは保存公園として整備され、実物の前に、パネルできれいな高松塚内部が再現され、このような状態で奥には、きちんと保存されていますと、書かれていました。

高句麗のよく似た壁画の写真を、つい先日橿原考古学研究所附属博物館で拝見したばかりですが、実に鮮明な写真でした。ガラス戸で何箇所も保護されているとはいえそれほど大規模な保護はされていないということです。しかしながら、その違いはいったい、何なのか?日本の文化庁の保存は何なのか?実に複雑な気持ちがします。

« スポーツは文化だ | トップページ | 重源上人800年御遠忌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133268/12206138

この記事へのトラックバック一覧です: 「高松塚美人の涙」:

« スポーツは文化だ | トップページ | 重源上人800年御遠忌 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31