フォト
無料ブログはココログ

« 高円山 | トップページ | 自分史 未来版 »

2006年9月27日 (水)

白毫寺あたり

秋空のもと、田んぼの稲穂はずいぶん首をたれています。そして、秋萩が咲き、彼岸花マンジュシャゲが咲いていました。コスモスも咲いています。柿の木には、実がついていました。Scimg1632 Scimg1630 のどかな道を歩くと白毫寺(びゃくごうじ)があります。

以下は出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

白毫寺(びゃくごうじ)は、奈良県奈良市白毫寺町にある真言律宗寺院本尊阿弥陀如来。開基(創立者)は勤操(ごんそう)と伝える。奈良市街地の東南部、春日山の南に連なる高円山の山麓にあり、境内から奈良盆地が一望できる景勝地に建つ寺である。関西花の寺第18番(萩)。

なお、寺号の「白毫」は、仏の眉間にある白い巻毛のことである。

« 高円山 | トップページ | 自分史 未来版 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白毫寺あたり:

« 高円山 | トップページ | 自分史 未来版 »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31