フォト
無料ブログはココログ

« もちいどのセンター街かいわい(下) | トップページ | 禁煙 »

2006年6月17日 (土)

大極殿の意味

国際日本文化研究センターの千田 稔先生の講演を聞く機会がありました。平城宮跡に現在、建設中の、大極殿の意味についてということでした。

・大極殿は中国の都城にあり、日本の宮都はそれをモデルにしたことはいうまでもない。

・飛鳥時代の後半から、大極殿は象徴的な意味を強くもつ。文献的には「日本書紀」の皇極天皇紀に初出。

・大極殿の機能・・・天皇の政務、賀正、即位

・大極殿の「極」は北極星を意味する。・そのあたりを注目する必要がある。

・たとえば、中国では星であり、日本では太陽が象徴である。いまのそれぞれの国旗にもあらわされている。                                                                                         (中略)                                                                                                            ・こんどつくられる、大極殿は大きな意義がある。

« もちいどのセンター街かいわい(下) | トップページ | 禁煙 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大極殿の意味:

« もちいどのセンター街かいわい(下) | トップページ | 禁煙 »

2022年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30