フォト
無料ブログはココログ

« W杯。交流戦 | トップページ | 倉敷景観地区 »

2006年6月25日 (日)

夏至

Scimg1181 早くも、この6月21日が今年の夏至でした。1年で日の出から日の入りまでが一番長い日。2日間、山陽道をバス旅行してきました。広島県福山市の鞆ケ浦海岸は、瀬戸内航行のむかしからの拠点だったとのこと。古い中心の町には、石畳が敷かれ、古い造り酒屋の建物も重要文化財に指定されて、きちんと保存されて公開されていたり、いろんな古い店があったり、なかなか趣きのあるまちなみでした。

1000年以上前に建てられた福禅寺の窓からは、向かいの仙酔島がまじかに見え、ご住職の方言交じりの説明は興味深いものでした。正月はこのあたりから、初日の出が出てきて、夏至にはこのあたりから太陽が出る。月はこのあたりからでて、太陽と出会うとか。

一幅の絵であるといったことでした。あわただしい日々の中で、太陽や月や自然は大きな動きの中で、ゆったりした時を刻んでいるのだと思ったことです。

« W杯。交流戦 | トップページ | 倉敷景観地区 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏至:

« W杯。交流戦 | トップページ | 倉敷景観地区 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30