フォト
無料ブログはココログ

« NHK奈良放送局 | トップページ | 京奈和道 »

2006年2月16日 (木)

歌舞伎

s-SAVE0013-1 東京への出張の帰り、若き日から歌舞伎に造詣が深く今も、子供歌舞伎に深くかかわっておられる友人に、ふと機会がありましたので同行して、東京の歌舞伎座をたずねました。幕間(まくあい)という、3階の一番上の席から、出し物を1本ずつ見ることができるものです。1本800円から900円というお値打ち値段。

ちょうど、2月は、幸四郎出演の「梶原平三誉れの石切」であり、玉三郎、菊の助の「京鹿子娘二人道成寺」をやっていました。われら素人でも知っている有名な人たちが出演するという幸運でした。歌舞伎を見るのはなにしろはじめてのこと、とても美しく、声や音響もよくすばらしいものでした。幕の内弁当の由来、歌舞伎の幕の色のこと、いろいろな約束事や、歌舞伎が日本の伝統をたいせつにいろいろなことを、引き継いでいることなど、友人のくわしい説明を聞きながら、感じた次第です。

欧米系の人たちも見に来ていました。日本の真髄に触れる思いがあるのでしょう。わたしも、日本はなかなか深いものだなあ、と思った次第です。伝統芸能といわれているものがいろいろありますが、折に触れて、機会を見つけて、拝見したいものだなと思いました。そして、チャンスは人を通じてくるものだなとあらためて思った次第です。「SAVE0013.BMP」をダウンロード .

« NHK奈良放送局 | トップページ | 京奈和道 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133268/8685450

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎:

« NHK奈良放送局 | トップページ | 京奈和道 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31