フォト
無料ブログはココログ

« 荒池あたり,菊水楼 | トップページ | 朝あるく奈良 »

2005年12月 9日 (金)

鹿政談

三条通りの、菊水楼の西隣には、興福寺の菩提院大御堂があり、そばには、三作小僧の塚がある。鹿をあやまって殺して石子詰になったという伝説のあるところである。そのあたりのことは、奈良の鹿のことを語る、落語にくわしい。かつて、桂 米朝師匠のはなしできいたことがありますが、ネットでも採録されていたのでご紹介します。ただし、つりこまれて、読んでみるとなかなかくわしいので時間がかかります。http://homepage3.nifty.com/rakugo/kamigata/rakug112.htm

« 荒池あたり,菊水楼 | トップページ | 朝あるく奈良 »

コメント

古典落語は言葉の勉強になりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133268/7535604

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿政談:

« 荒池あたり,菊水楼 | トップページ | 朝あるく奈良 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30