フォト
無料ブログはココログ

« 浮見堂 | トップページ | 鹿政談 »

2005年12月 8日 (木)

荒池あたり,菊水楼

鷺池のまわりには、夏、さるすべりの木がきれいな花を咲かせている。いまでも気候の良いときはボートをかりて風情を楽しむことが出来る。西のほうへ進むと、左手には、土壁があり、それが、自然に朽ちていて、さらにその土壁越しに荒池や奈良公園の芝生がひろがる。かつて、「奈良はほろびいく美」といった作家がおられたが、それを実感できる土壁ではなかろうかと思う。

やがて、博物館前から天理市へいく道に出るのであるが、鷺池あたりから荒池で行く道はなかなか雰囲気の良いところで、おすすめの道だ。

荒池の南岸には、奈良ホテルが姿を現し、荒池の北岸には、格式ある、菊水楼がある。明治のはじめにできたという、和風旅館であるが、フランス料理もあり、また喫茶ルームもある。近年、日本の宿を守る会などでもおすすめの根っからの和風旅館だ。

菊水楼の紹介のページは以下のとおりです。

http://www.nara-shimbun.com/graph/gra021208_house.html

« 浮見堂 | トップページ | 鹿政談 »

コメント

菊水楼で一度懐石料理を食したが、26年前で12000円ぐらいした。
今はいくらぐらいだろうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浮見堂 | トップページ | 鹿政談 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30