フォト
無料ブログはココログ

« 10月もあとわずか | トップページ | 創造都市 »

2005年10月30日 (日)

入江泰吉さんの新しい本

東京の友人から雑誌が送られてきました。「ヤナセライフ・プレジール11-12月号」というベンツの愛用者のための雑誌のようです。ちょうど入江泰吉さんの写真展見に行ったばかりですが、雑誌には、8ページにわたって「入江泰吉の撮った奈良大和路」が載せられています。すばらしい写真ばかりで、また文章もよくわかるものです。

そして最後に「入江泰吉[愛蔵版]大和路巡礼」の本の紹介が載っていました。
「古代史の舞台、万葉の故地、仏教美術伝来の地・・・・。奈良大和路のさりげない景観に漂う余情を写し取り、「滅びの美」を謳いあげた入江泰吉。生誕百年を記念して、代表作141点を収録した大判写真集。戦後から約半世紀にわたって撮り続けた写真家の作品世界のエッセンスを凝縮、日本人の心のふるさとといわれる大和路の風景と仏像の魅力を堪能できる一冊です。」と。小学館、本体価格は9500円。

早速アマゾンで探すとまだ登録されていない様子。再び紀伊国屋WEBで探すとありました。さすが早い、4日の内に手元に到着予定。おまけに5000円以上の本は送料無料とのことでした。無論近くの本屋さんにも順次入荷することでしょう。ご紹介がてらPRする次第です。

« 10月もあとわずか | トップページ | 創造都市 »

コメント

大和路の風景と仏像の魅力、いいですね。以前「国鉄」のポスターに仏像が使われ
ていたのを集めていた我輩にとっては、興味ある本です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月もあとわずか | トップページ | 創造都市 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30