フォト
無料ブログはココログ

« 銀の卵 | トップページ | ならどっとfm78.4 »

2005年10月 6日 (木)

「近説遠來」

「近き者悦びて、遠き者来る」と読みくだし、「論語」の小路編からきた言葉だということです。

奈良観光交流促進ワークショップ~観光とまちづくり~「まちづくりから生まれる観光と魅力」というテーマで会合が開かれたので、すこし聞いて来ました。東大の西村幸夫教授から「まちづくりとツーリズムの新しい関係」という基調講演がありました。観光から「観光まちづくり」への動き、まちづくりからも「観光まちづくり」への動きというふうになってきており、いままでのような、観光は観光、まちづくりはまちづくりと別々のものではなくなってきたこと。来た人にも1日生活者になってもらう。 訪れたいまちと住みたい町。五感で楽しむ。住みたい町はひとがうらやむ町。田舎もおもしろい。ロケーションをテーマにする。など等。

具体的に、城崎温泉、黒川温泉、湯布院、別府八湯めぐり、金沢東山お茶屋。田主丸、京都、高山、川越大正ロマン通り、などが具体例として映像をまじえて紹介されていました。

やはり、奈良のような十分な歴史的遺産をもち自然にあふれた観光地も、あたらしい魅力を磨きだし、同時に生活する人にとっても住みやすい町にする、「観光まちづくり」という視点が必要だという主張でしたが、たしかにそのように思いました。

« 銀の卵 | トップページ | ならどっとfm78.4 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「近説遠來」:

« 銀の卵 | トップページ | ならどっとfm78.4 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30