フォト
無料ブログはココログ

« 船旅 | トップページ | 正倉院展 »

2005年10月27日 (木)

阪神敗れたり

ソフトバンクにつづいて、日本シリーズで阪神も、シーズン・パリーグ2位のロッテに敗れた。ロッテが「日本一」だという。たしか昨年もパリーグ2位の西武が「日本一」だった。何か変ではないだろうか?いくらプレイオフがおもしろくて、興行成績が良いからといって、これでは日本一の意味がない。実戦から遠ざかる、この1位チームに不利な制度は、ますます野球離れをおこすのではないだろうか。

阪神は、シーズン中の勢いはまったくなく、10点も取られた試合が3つ、そして最終試合はなんとか1点差の接戦にはもちこんだものの、すでにシーズンオフのチームの様子であった。早や、トラも冬眠しつつあったのだろうか?それにしても、シーズン中から一時的にはロッテも強かった。今江という選手の爆発力は、シーズン中からもうかがえた。が、ロッテの「日本一」には、異議ありだ。

まあ、シリーズには負けたが阪神には、来シーズンでの2連覇を期待したいものだ。シーズンを通して130試合以上やったセリーグの優勝の価値は落ちるものではない。そのあたり、ひいきの引き倒しにならないように、阪神ファンは自制したいものだ。

« 船旅 | トップページ | 正倉院展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 船旅 | トップページ | 正倉院展 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29