フォト
無料ブログはココログ

« 続 ハリケーン | トップページ | 昭和80年あれこれ »

2005年9月 5日 (月)

SCほど儲かるビジネスはない!

NPOまちづくり協会からメルマガが届いた。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週刊東洋経済9月3日号で、SCほど儲かるビジネスはない!が特集
されています。その記事を紹介しながらコメントします。

 イオンSCの事例では、不動産デベロッパーとしての収支は、
 総賃貸面積(営業面積)3.3㎡当り
  収入 13000円に対し、原価は3700円(総利益率70%)
                           -愛知県東浦SC-
  収入 19300円に対し、原価は8900円(総利益率55%)
                           -神奈川県大和SC-
 ということです。(数字は丸めています)

 収入には、家賃、共益費、その他販促・駐車場等の負担金が含まれます。 
これはテナントの負担です。
 原価は、土地・建物に関する投資・維持費・諸税等です。

 共益費は収入に含まれていますが、原価には含まれていません。
 その分は、総利益から控除される一般管理費等に含まれますが、
 その結果としての利益率は、イオンモールで35%、ダイヤモンドシティで
 26%ですから、表題のように、SCほど儲かるビジネスはない!
 ということになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の消費に対して、売り場面積が過剰ではないか。郊外に立地していては、歩いて便利な高齢者にもやさしい中心市街地が空洞化しシャッター街になってしまい、地域社会が崩壊してしてしまう、ひいては日本がこわれていく、という正論が、こうした儲かる論理に負けてはいけないと思う。郊外のSCの建設立地は、また農業地帯の破壊であり、日本の食料の自給率の低下、農政の「ノー政」にもつながる。大きな日本の今後の進路にかかわる問題だが、いまの総選挙は、郵政にわいしょう化されているような気がしてならない。

« 続 ハリケーン | トップページ | 昭和80年あれこれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SCほど儲かるビジネスはない!:

« 続 ハリケーン | トップページ | 昭和80年あれこれ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31