フォト
無料ブログはココログ

« SCほど儲かるビジネスはない! | トップページ | 奈良フィルハーモニー管弦楽団 »

2005年9月 6日 (火)

昭和80年あれこれ

ことしは、平成17年だが、昭和から連続してみると、昭和80年になる。そして、戦後60年でもある。いろんな昭和の年号を振り返るとき、80から引けば良いのだからずいぶん感覚的にとりやすい。時間的な距離感は、人によっても、その年代によっても違うという。年をとるほどに1年経つのが早いという。10代が時速10キロであり、50代が50キロ、60代が60キロで、走っているような感覚だと、いう表現も耳にした。かつて、明治は遠くなりにけり、という句があったが、昭和80年を経た、大正もずいぶん遠くに感じる世代もあるだろう。近頃、昭和も遠くなったという表現も耳にした。昭和のグラフなども、ずいぶんなつかしい。そして、昭和のまちであるとか、昭和30年代も注目の時代だ。なつかしさという感覚を大事にしたいと思う。

« SCほど儲かるビジネスはない! | トップページ | 奈良フィルハーモニー管弦楽団 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133268/5808331

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和80年あれこれ:

« SCほど儲かるビジネスはない! | トップページ | 奈良フィルハーモニー管弦楽団 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30