フォト
無料ブログはココログ

« 中内功氏 | トップページ | 奈良市写真美術館 »

2005年9月27日 (火)

ネコじいさんのそぞろ歩き

これは本の題名です。奈良在住の筆者、僅はじめ氏が、身辺に起こった日常のできごとに、多少フィクションをおりませ、小説風エッセイにしあげるのを、ねらいとしてきました。根底にあるのは、「人の言動に興味をもって観察する」好奇心そのものです。とあとがきに書かれています。犬の散歩をする人は多いですが、毎朝のネコの散歩というとずいぶん根気がいるようです。そして自らの体験にふまえ、高齢化社会、たんに長生きではなく健康でなくてはという主張をされています。含蓄深い内容でもあります。

筆者の恩師である外山滋比古氏の推薦の文は「筆者とのつき合いはそろそろ50年になるが、ここ10年、エッセイひと筋に打ち込んできた歩みはひときわすばらしい。その間の成果を収めたこの本の出版を喜び、ひとりでも多くの読者の手にわたることを願っている」とあります。

ちかごろ紀伊国屋書店WEBでも取り寄せできるようです。「ネコじいさんのそぞろ歩き」 著者 僅はじめ  発行所 澪標みおつくし、ISBN4ー86078-061-2 定価1600円(税別)

« 中内功氏 | トップページ | 奈良市写真美術館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133268/6140141

この記事へのトラックバック一覧です: ネコじいさんのそぞろ歩き:

« 中内功氏 | トップページ | 奈良市写真美術館 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30