フォト
無料ブログはココログ

« 季節感覚 | トップページ | 町なか発見のスタンプラリー »

2005年9月16日 (金)

ダイエー奈良店の閉店?

JR奈良駅から三条通に入ったところに、5階建てのダイエー奈良店はあります。今朝の新聞によれば、先日の閉店リストにも入っていなかったのに突然11月20日に閉店する、とのこと。1971年に開店した、中心市街地の台所を担う店の1つです。ここ数年に、大森町の長崎屋は閉店、地元スーパーのいそかわは、もちいどの店を閉め、角振町の奈良市場も閉店。便利になっていくべき、中心市街地がだんだん住みにくくなっていくように、感じます。以前から、ダイエー奈良店の近くには、上新電機、二ノミヤ無線などの家電量販店がありましたが、それも閉店しました。長崎屋のあとのヤマダ電機もずいぶん郊外に移転しました。自転車や歩いていける電気店はわずかになりました。プリンターのインクひとつ買うのもわざわざ車で中心市街地から郊外まで渋滞を越えて出かけなくてはならなくなりました。大宮通や国道24号線沿いには、郊外店は何の規制もなく出店し、そして自分の店の都合で閉店していきます。駅前のスーパーも、大和郡山市のジャスコも閉店して先日とおると更地になっていました。そのとき近くの商店街の会長さんは「大型店は儲けるだけ儲けて、都合悪くなると出て行く」といったことを新聞で伝えていました。大型店は、既存店売り上げは減少して、郊外のコストの安い店をつくるという、スクラップアンドビルドを宿命としているといわれます。しかしながら、生活している人の都合を考えない、大型量販店の出店や閉店は、いったいどう考えれば良いのでしょうか?企業の社会的責任といったものを、大型量販店は持ち合わせていないのでしょうか?

« 季節感覚 | トップページ | 町なか発見のスタンプラリー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイエー奈良店の閉店?:

« 季節感覚 | トップページ | 町なか発見のスタンプラリー »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31