フォト
無料ブログはココログ

2024年2月29日 (木)

県、大立山祭り、天平祭り 中止へ

28日付の奈良新聞で、大立山まつり」「天平祭」県が廃止決定、運営費の拠出停止

と大きな見出しでつたえられています。

 

Img944

 

奈良県が本年度限りでの廃止を決めた奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり(大立山まつり)=1月27日、奈良市の平城宮跡歴史公園


 奈良県は、奈良市の平城宮跡で毎年、開いてきた「奈良ちとせ祝(ほ)ぐ寿(ほ)ぐまつり(大立山まつり)」と「平城京天平祭(夏・秋)」の廃止を決めた。新年度予算編成に伴い、既存事業を見直し、運営費の拠出を停止する。大立山まつりは荒井正吾前知事の肝いり事業で、また一つ“荒井色”の政策が姿を消すこととなる。廃止の方針を受け、同実行委員会の石川重元実行委員長は「体を張って自分にしかできないことをやってきた。結論を出す前に議論をしたかった」と残念がった。

 大立山まつりは2016年に始まった冬の誘客イベント。県内の伝統行事の披露と温かい料理の提供により、市町村の魅力を発信する催しで、主に平城宮跡を会場に開かれてきた。9回目となった今年1月のまつりは2日間で約1万6千人が訪れた。

 まつりは市町村や民間事業者らでつくる実行委員会が主催。県は運営費を支出してきたが「冬のオフシーズンの誘客など一定の目的を達成した」として、運営費5200万円の拠出中止を決めた。同まつりのため約8000万円をかけて制作した四天王像の大立山4体はよりどころを失うこととなる。

 

 18年度に荒井前知事から実行委員長を引き継いだ海龍王寺の石川住職は、コンセプトが分かりづらく、批判されることの多かった同催しを「歴史への感謝」を表す場にしようと再構築。いにしえの宮中の正月行事「御斎会(ごさいえ)」を再現するなど、平城宮跡で開く意義付けをしてきた。

 石川委員長は「埋もれてしまっているコンテンツを磨き直し、奈良の存在価値を高めようとやってきた。小さなことを積み重ねていくのが観光ではないか」と県の一方的な判断に疑問を投げかけつつ、「これまでの知見をもとに、今後も平城宮跡の活用と奈良の観光力向上に貢献していきたい」と話した。

 また春、夏、秋の年3回、奈良市と共同で開いている平城京天平祭のうち、県が担当する夏、秋分の運営費1億3500万円の拠出も中止する。同祭は2010年の平城遷都1300年を引き継ぐイベントとして始まり、昨夏は3日間で過去最高の5万6千人の来場があった。しかし、県の担当者は「一過性ではなく、平城宮跡東側、南側も含めた全体の整備方針の中で観光強化策を抜本的に見直す」と廃止理由を説明した。

 

 平城宮跡の主要イベント廃止を決めた山下真知事は新年度予算発表の記者会見で、「新年度に立ち上げる観光戦略本部に平城宮跡歴史公園活性化部会を設け、徹底的に議論する。行政が税金を投入してイベントをしなくても、人が自然に集まってくるような、そういう人を引きつけることのできるコンテンツは何なのかを検討していきたい」と話した。

 

 

 

2024年2月28日 (水)

今村翔吾さん、本の未来語る

Dsc_3175

毎日新聞に注目すべき記事が載っていました。 有料ページより。

「毎日21世紀フォーラムで講演する直木賞作家の今村翔吾さん
 異業種交流組織「毎日21世紀フォーラム」の第229回例会が31日、大阪市北区の帝国ホテル大阪で開かれた。毎日新聞朝刊に「乱読御免」を連載中の直木賞作家、今村翔吾さんが約170人を前に「本の未来を考える」と題して講演した。

 今村さんは「このままでは10年以内に紙の活字、本の文化は壊滅する恐れがある」と指摘。大阪府箕面市と佐賀市で書店の経営に乗り出しており、「業界以外でも若者に本の素晴らしさに触れる機会を残したい人は多い。人生を変えるような一冊に出合ってもらえるよう頑張るので助けてほしい」と語りかけた。

Dsc_3173

くわしくは、毎日新聞27日付朝刊をご覧下さい。

町の本屋が全国的に減る傾向にあります。

奈良でも、東向北商店街の老舗、豊住書店、JR奈良駅のなかの本屋さんは閉店しました。また畝傍高校まえの本屋さん、あるいは元そごう、イトーヨーカドーのあとのミナーラの本屋さんも近日閉店とのことです。

 

2024年2月27日 (火)

3月3日 古都奈良きものウォーク

33

チラシをもらいました。たぶん初めての催しと思います。

「12時半にJR奈良駅前広場に集合し、13時から猿沢池までの約1kmを歩く。振り袖や留め袖などの現代着物から天平衣装まで、様々な和服姿の男女が参加。市民や観光客の飛び入りも洋装、和装問わず歓迎。」とのことです。

2024年2月26日 (月)

「キトラ古墳・高松塚古墳を解説(日輪・月輪#1)」【対談】松原純 × 来村多加史

奈良観光コンシェルジュであり、奈良まほろばソムリエの会の広報グループで活躍される松原純さんの来村先生の対談です。

 

Dsc_3132

「キトラ古墳・高松塚古墳を解説(日輪・月輪#1)」【対談】松原純 × 来村多加史

前回まで天文図について詳しく解説して頂いておりましたが、今回は天文図の下に描かれている「日輪(太陽)・月輪(月)」についての動画です。
日輪には金箔、月輪には銀箔が貼られていました。しかし、それらは盗掘によって削り取られ、僅かな痕跡からしかそのデザインを読み取ることができません。
中国「唐」の類例と比較しながら、どのような絵柄だったかを説明して頂いていますので、この機会に興味を持っていただければ幸いです。

 

0:00 オープニング
1:12 日輪・月輪の位置
4:27 日輪・月輪の描き方
14:29 エンディング

 

<

2024年2月25日 (日)

正倉院展短歌コンクール

毎年、正倉院展のころ募集されている、正倉院展短歌コンクールと俳句コンクールの発表がこのほど、読売新聞に載っていました。

(画像はクリックすると拡大します)

Dsc_3169

一般の部の最優秀は奈良市の方。 旧知の奈良大学副学長です。

 

主なき書斎の棚に七十五冊目の図録加えし霜月   島本太香子   

 

おめでとうございます。 主(あるじ)とはお母様のことでしょうか。

 

そしてジュニアの部です。

Dsc_3171

ただ残念なことは、正倉院展短歌・俳句コンクールは今回で終了とのことです。

上野誠先生と永田紅さんの評です。

Dsc_3170

 

 

 

 

2024年2月24日 (土)

依水園~吉城園~氷室神社、そして奈良国立博物館へ

Img918_20240223111301

先日、ロータリークラブの2650地区社会奉仕委員会の皆さんとご一緒に奈良を楽しんでいただきました。

まず依水園を見学したあと、吉城園を歩いて通り抜けて(氷室神社の配慮により、扉があり通り抜けできるようになっています)、氷室神社を参拝したあと、奈良国立博物館を見学しました。

ちょうどお水取り展がひらかれています。韃靼の行法の僧侶を等身大の人形で再現されていました。

そしてなら仏像館を見学しました。

お水取り展は3月17日までひらかれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真をいただきました。氷室神社にて、大宮宮司とご一緒に記念撮影。

Img_3436

 

2024年2月23日 (金)

円空展へ

所用で天王寺へ行きましたので、あべのハルカス美術館で開かれている、円空展へ行ってきました。4月7日まで。

Img20240222_15553403

撮影OKのところで写真を撮ることができました。

Dsc_3139

背中の方からも一枚。

Dsc_3142

Dsc_3154 Dsc_3144

Dsc_3146 Dsc_3150 Dsc_3153 Dsc_3145_20240222162601

岐阜、愛知、三重が円空のゆかりの作品が多いようですが、奈良の天川村の栃尾観音堂、法隆寺あるいは松尾寺からの円空仏もありました。

円空は和歌もたくさん残しているということでした。

Dsc_3148

會津八一の研究家であり、仏師でもあり円空のこともよく語っていた、四日市の服部素空氏のことを思い起こすことでした。

20150410_135037_20240222162201

美術手帖の円空展の紹介です。https://bijutsutecho.com/magazine/news/report/28407

 

Dsc_3163 Dsc_3161

2024年2月22日 (木)

あるくん奈良まちなかバル

426642956_893281842489334_18218435467245 426627923_893281885822663_82801006475890

3月1日(金)2日(土)と近づいてきました。

チケットも2月中はお得に買うことが出来ます。

くわしくはホームページをご覧ください。

 

https://www.naracity-bar.info/

2024年2月21日 (水)

富雄丸山古墳

Dsc_3133

ならどっとFM、たまゆらより

発掘で一躍有名になった富雄丸山古墳。友松洋之子さんの案内です。

https://www.youtube.com/watch?v=wx6L-i8TFcs

2024年2月20日 (火)

海龍王寺へ

海龍王寺にお参りしました。

Dsc_3130 Dsc_3124

本堂では十一面観音立像も拝観できました。

Dsc_3125

會津八一の歌碑

Dsc_3126

Dsc_3128

石川重元住職ともお話うかがうことができました。

龍の年だけの特別な御朱印をいただきました。

Img943

 

2024年2月19日 (月)

3月10日 保山耕一さん上映会 情報

427800373_7102197943235232_3616458087170

保山耕一さんの3月上映会の情報が届きました。

「3月上映会のゲストプレーヤーは真砂秀朗さんです。
私が最初にNHKのフィラー番組を制作したのが映像詩三部作でした。
「映像詩、祈りの桜」
「映像詩、春日大社」
「映像詩、飛鳥」
60分番組の「映像詩、飛鳥」で全曲を提供下さったのが真砂秀朗さんなのです。真砂さんの音楽に触れた時、直感でこれは飛鳥の音だと、日本の原風景から流れて来る音楽そのものだと確信しました。
「映像詩、飛鳥」の中では音楽を短くすることなくフルサイズで使用しています。楽曲には映像詩と通ずる起承転結のリズムがありました。
NHKの深夜放送の中でも「映像詩、飛鳥」の放送回数が最も多いのは、視聴者からの反応が良いのが理由です。
いつかはリアルで共演してみたいと思い続けてきました。
そして、遂にその夢が実現するのです。
2月上映会が「動」ならば、3月上映会は「静」を目指しています。
演出としては静かな方が難しいですが、お客様によき時間を過ごしていただくとの思いは同じです。
「映像詩、飛鳥」の空気感で会場を癒しの空間にしたいと考えています。
第一部ラジオ公開収録は、基本に戻って知の巨人・岡本彰夫先生からの学びの時間、岡本彰夫塾を開講します。
フィナーレは大垣知哉氏の「故郷」
ゲストプレーヤーはアルトサックスの在間一輝氏がご出演。
奥が深く静寂の中にもぬくもりのある、3月上映会をお楽しみに!」

(追加情報)

 

「映像と音楽で巡る奈良」3月公演開催決定。
3月10日(日)午後2時開演
奈良公園バスターミナルレクチャーホール
ウェブ受付は2月18日(日)午後9時受付開始
https://event.nara.jp/sp/mar
大人3000円、学生500円
3名様以上のお申し込み、お問い合わせはメールにて承ります。
hozan4kmovie@gmail.com
第一部
ならどっとFM「岡本彰夫の奈良、奥の奥」公開収録
司会:中川直子
第二部
「映像作家保山耕一作品上映会」
ゲスト
真砂秀朗(ネイティブフルート奏者)
ピアノ:稲垣雅紀
上本京子(朗読家)
松森重博(歌人)
歌:大垣知哉
アルトサックス:在間一輝
ピアノ:すみかおり
ギター:牧野由希子
バイオリン:秦進一

2024年2月18日 (日)

依水園へ

2月17日、普通ならとても寒い時期ですが、とても暖かい日になりました。

ロータリークラブ2650地区(福井・滋賀・京都・奈良)社会奉仕委員会の皆さまが奈良に各地から集まられ、午後のひとときをご一緒に楽しむことが出来ました。

Img_3360

まず最初は、O委員長のリクエストで奈良公園の依水園へ。明治期につくられた後園です。春日山、若草山、そして東大寺の南大門が借景になっています。庭もよく手入れされていておすすめです。

Dsc_3087 Dsc_3086

梅も咲き誇っていました。

Dsc_3094

そして、母屋にはひな人形も展示されていました。

Dsc_3089 Dsc_3088 Dsc_3090

稚雛雛

Dsc_3092

ひなまつりの展示は3月3日まで。

このあと、春の花を味わう𠮷城園を歩いて通り抜け、氷室神社を参拝、そしてお水取り展がひらかれている奈良国立博物館を楽しみました。

 

 

2024年2月17日 (土)

3月2日 喜光寺では行基會大祭

 

423695103_730357969197393_29353684925414

喜光寺からのお知らせです。

「毎年3月2日は行基会大祭を勤修致します
今年も例年通りのお写経会、法要、おぜんざいのご接待、
柴燈大護摩供養が執り行われます
そして奉納演奏はジャズ!
いつものお方も、初めてのお方も、行基さんのお参りをお待ちしております」

2024年2月16日 (金)

桜本坊より

クラウドファンディング 吉野山櫻本坊「想いを力に」大講堂雨漏り修繕工事プロジェクトに、少し協力していたら、御礼状と御朱印をいただきました。

記念にアップします。

観世音 「聖観世音菩薩」慈愛に満ちる

Img940

ご住職直筆

「役行者母公」家内円満

Img941_20240214134901

吉野山櫻本坊のホームページです。

https://sakuramotobou.or.jp/

2024年2月15日 (木)

ソムリエの風42号 WEB版 発行される

Dsc_3082

奈良まほろばソムリエの会の「ソムリエの風42号」
が発行されました。
わたしも広報グループのひとりとして担当しています。
公開された会報誌ですので、紹介します。

 

============
奈良まほろばソムリエ通信
============

 

このたび、ソムリエの風42号が出来上がりました。紙版はなくWEB版です。
以下のページをご覧下さい。よろしくおねがいします。

 

https://stomo.jp/kaze/webkaze42/

 

============
特定非営利活動法人
奈良まほろばソムリエの会
info@stomo.jp
〒630-8217
奈良県奈良市橋本町3-1
きらっ都・奈良(BONCHI)
============

2024年2月14日 (水)

「椿井市場」 朝日新聞より

先日、朝日新聞に椿井市場が大きく載っていた、と友人のH君から送ってくれましたので紹介します。

椿井市場は、近鉄奈良駅から小西通りを通り、しばらく南に歩き、椿井町の墨の古梅園の隣にあります。

あるいは、もちいどのセンター街中程を西へ行き椿井小学校を南に曲がるとすぐにあります。

かなりレトロな昭和の市場です。

知り合いも何人か、洋品店であり、酒屋など営業していました。

記事を読んで久しぶりに、いまも元気な中華料理屋の大廣を訪ねました。

朝日新聞の記事のことを村上さんご夫妻に聞くと、お客さんから載っていたと何人も言って貰いました。

中には東京のお客さんから連絡がありましたとのこと。

ちょうど朝日新聞社から掲載の新聞が届いた、初めて今見た、商売していて良かったなあと思うとおっしゃっていました。

「さびれている けど さびしくない」うまいこと書かはるなあ、と。

私は久しぶりに、半チャンラーメンを美味しく頂きました。かなりのボリュームですが食べることが出来ました。

(以下はH君から頂いた朝日新聞です)

Photo_20240210074601 Photo_20240210074602 Img_20240204_0003

2024年2月13日 (火)

美ビット見て歩き ※124

奈良新聞で毎月楽しみにしている川嶌一穂さんの美ビット見て歩き2月8日付は、本の紹介です。

渡辺京二『逝きし世の面影』平凡社ライブラリーです。

日本のかつて(あるいは今も)を多くの著書から引用して紹介しているようです。

600ページの大作です。

部分的になるかもしれませんが、手に入れましたので、早速わたしも読みたいと思います。

Img20240211_07050300

(画像はクリックすると拡大します)

Img938

Img939

 

美ビット見て歩き 私の美術ノート *124 川嶌一穂

 

渡辺京二著『逝きし世の面影』

 

写真 平凡社ライブラリー『逝きし世の面影』表紙

 

 『苦海浄土』の作者・石牟礼道子(1927―2018)を見出し、その公私の活動を支え、水俣病患者支援活動をともにした、編集者としての渡辺京二(1930―2022)を知ったのはいつだったか、はっきりと覚えていない。
『逝きし世の面影』の他には、『父母(ちちはは)の記:私的昭和の面影』を読んだくらいで、渡辺さんの熱烈なファンという訳でもなかった。
 それでも本作品が1999年に和辻哲郎文化賞を受賞したことは知っていて、旅先の大型書店でその文庫本を見つけて購入した。600ページもある、製本が心配になるくらいの分厚い文庫本だ。20年近く前でさえ2000円もした。

 一読、虜になった。と言っても、終わりまで通読したのは今回が初めてで、時々手にとっては1章の半分くらいを読んで、また本棚に戻すという読み方をしてきた。所々に難しい文明論が挟まれているが、そこは読んだり、飛ばしたりした。

 渡辺京二はおびただしい数の、主に幕末から明治初期にかけて日本を訪れた外国人の日記や見聞記を渉猟し、それを「陽気な人びと」「簡素とゆたかさ」「労働と身体」「裸体と性」「子どもの楽園」「風景とコスモス」「信仰と祭」など10余りのテーマに分けて、たくさん引用し、それを分析する。

 巻末の文献リストによれば、英語文献が20、翻訳文献は130に上る。わたしなら、これを読むだけで10年以上かかるだろう。翻訳されていなかった英語文献のいくつかは、本書の元版が出た後、翻訳が出たと、著者の「平凡社ライブラリー版あとがき」にある。この一冊の本の及ぼした影響がいかに大きかったかが分かるだろう。

 上高地に碑のある、日本に「近代登山」を伝えたウェストンは、大正時代にこう書いた。「明日の日本が、外面的な物質的進歩と革新の分野において、今日の日本よりはるかに富んだ、おそらくある点ではよりよい国になるのは確かなことだろう。しかし、昨日の日本がそうであったように、昔のように素朴で絵のように美しい国になることはけっしてあるまい」。
 その後の日本の歴史は、ある意味ウェストンの予想した通りに推移した。が、日本が昔のように「素朴で絵のように美しい国」でなくなった、という点については、わたしはちょっと留保したいという気がしている。

 初代駐日英国公使オールコックをはじめ、欧米人訪日者が日本を描写するのに愛用したのは「子どもの楽園」という表現である。「世界中で日本ほど、子供が親切に取り扱われ、そして子供のために深い注意が払われる国はない」など、多数の記録が引用されている(本書第十章)。
 
それで思い出したことがある。今から30年ほど前、わたしは奈良市のAET(英語指導助手)のコーディネータを5年間務めた。初めて日本の土を踏んだ異国の若者と近しく付き合って、彼らの本音を聞くことができる貴重な経験だった。第4代AETのジュリー(米・ネブラスカ州出身)も、「日本の子どもは、きれいな服を着せられて、可愛がられているね」と言う。思ってもみない指摘をされて、驚いた。まさに渡辺京二が指摘するように、「ある文化に特有なコードは、その文化に属する人間によっては意識されにくく、従って記録されにくい」(19ページ)。

 これは幕末・明治初期に限らず、さらに時代を遡って、かのイエズス会宣教師のフロイスも言っている。「われわれの間では普通鞭で打って息子を懲罰する。日本では…ただ言葉によって譴責するだけである」(393ページ)。

 ここでまた20年ほど前、勤務校の語学研修で、イギリス南部の地方都市・フォークストンに学生を連れて行ったとき、その語学学校の先生に聞いた話を思い出す。日本で言えば団塊の世代に属する、イタリア出身の男性だった。確かエニシダの枝と聞いたように記憶するが、学校の先生も父親もそのムチを持っていて、「これは父親に打たれた」と言って、まだ手首に残るかすかな傷あとを見せてくれた。今はあちらでもどうか分からないが、躾にムチとは、いくら何でも日本では聞いたことがない。

 若くて元気だった頃、休みになるのを待ちかねて海外旅行によく出かけた。飛行機とホテルだけ予約していくという一人旅で、『地球の歩き方』をしっかりと読み込んで行った。「この辺は、危険なので行かないように」。「この通りは、昼間は大丈夫だが夜は立ち入らないように」。ふむふむ、そうか。しかし、しばらくして、ふと気が付いた。日本が一番安全じゃないか!

 私はその頃から、自分の生まれた日本という国に対する見方が少しずつ変わったように思う。それまでは、職場の外国人講師や、欧米大好きな友人の日本批判を心から共有していたのが、ほんとにそうかな、と一拍置けるようになった。

 渡辺京二は、もう失われてしまった江戸時代の文明、言いかえれば「庶民の豊かさ」を復元する材料として、幕末・明治初期の欧米人による日本見聞記を用いたと言う。が、先ほども書いたように、それはまだ「死に絶えた」わけではないと私は思う。
 軒先きやベランダに置かれた植木鉢、花の季節になればそわそわする気分、行楽客や盆暮れの人出のニュース、その残滓は枚挙に暇ない。

 どこから読んでも、どこで閉じても面白い本だ。えーそうなんだ、と驚くこともあれば、そう言えば昔は電車の中でも子どもに乳を飲ませる女の人がいたなぁ、とか野良犬が街中をウロウロしてたなぁ、と懐かしく思い出すこともいっぱい出て来る。ぜひ一度手に取ってご覧下さい。
 1月はお休みを頂いたので、これが今年の第1回目です。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

=次回は令和6年3月8日付(第2金曜日掲載)=
  ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

メモ 渡辺京二『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー・2005年)。表紙の絵は「街をゆくムスメ」エドウィン・アーノルド『ジャポニカ』(ロンドン・1891年)。

 

2024年2月12日 (月)

保山耕一さんの2月上映会へ

Img932_20240131171601

2月11日、保山耕一さん上映会がありました。

先日の1月27日の若草山の山焼き、しばらく見られなくなる興福寺五重塔、そして十六夜(いざよい)月がそろうというとても貴重な映像が大きな画面で映し出されました。

https://www.youtube.com/watch?v=vDQqN22-Q08

P1130084

保山さんとのコラボの短歌も映し出されました。ありがとうございます。

422952080_2687738464716052_6438643301097

花火あがり若草山の燃えゆきて
五重塔の十六夜(いざよい)の月  松森重博

 

この日のスナップ。

きょうの興福寺五重塔。

Dsc_3070

工事用の基礎が作られていました。

上映会で、辻執事長のお話しがありました。ことしの秋から冬くらいには高さ60メートルの素屋根に包まれるとのことでした。

上映会の前説は、奈良県の竹田次長。明日香の太鼓の倭(やまと)での体験の映像とお話しがありました。このあと、倭の皆さん9人の力強い太鼓の演奏がありました。春から、ヨーロッパ演奏旅行。3月末に上牧町のペガサスホールで演奏会を行うとのことでした。

Dsc_3074

休憩時間に、若草山の燃えたあとの風景を撮りました。ことしはよく燃えました。

Dsc_3075

10年ほど前、保山さんがカメラマンとして一番輝いていたころ、パリでTBSの「the世界遺産」を一緒に作った、松本有加さんとの上映会でのトーク。当時の保山さんの素晴らしい仕事ぶりがよくわかりました。

Dsc_3080

2月上映会の模様は、ライブもありましたし、しばらくYOUTUBEで見ることが出来るそうです。

(投げ銭をお忘れなく)

https://www.youtube.com/live/SEmA1B5FX08?si=A5lRKXOnY0cIVlWu

 

来月の保山さんの上映会は、3月10日(日)とのことです。どうぞ予定に入れておいてください。楽しみにしたいと思います。

 

2024年2月11日 (日)

11日、保山さんの上映会 ライブ中継されます

4677760416758146907

YouTubeでライブ配信します!との情報です。


https://www.youtube.com/live/SEmA1B5FX08?si=A5lRKXOnY0cIVlWu

2月11日(日)
13時30分:配信開始
14時:和太鼓倭
14時30分:「岡本彰夫の奈良、奥の奥」公開収録
15時45分:映像作家保山耕一作品上映会
17時15分:終了

 

Img932_20240210143201

映像と音楽で巡る 奈良
------------------------------------------------------------------------------
■活動支援のカンパ、投げ銭は下記までお願いし申し上げます。
===============
三井住友銀行
小阪支店
普通 5231131
ホザン コウイチ
===============
皆様からの投げ銭でのご支援をどうかお願い致します。

 

■内容
日程:2024年2月11日(日)
開場:13:30  開演:14:00  終演:17:00(予定) 
会場:奈良公園バスターミナル2階 レクチャーホール

第一部:ならどっとFM「岡本彰夫の奈良、奥の奥」公開収録

【出演者】

 

ゲスト:松田大児(画家)、辻明俊(興福寺執事長)

 

司会 :中川直子

 

第二部:映像作家保山耕一作品上映会

【出演者】

朗読:上本京子
歌人:松森重博
歌:大垣知哉
ピアノ:すみかおり
ギター:牧野由希子
バイオリン:秦進一
歌:檜垣里枝子

2024年2月10日 (土)

おむすび 番旬

Dsc_2978

もちいどのセンター街の奥の方。藤田芸香亭とフクヤさんの間に、おむすびのお店がオープンしています。

好評のようです。

地域ニュースにくわしくレポートされています。⇒https://nara.goguynet.jp/2023/12/23/banshun/

2024年2月 9日 (金)

入江泰吉記念奈良市写真美術館では

Img937_20240207104001

高畑町の入江泰吉記念奈良市写真美術館では3月17日まで入江泰吉、梅、桃、桜、展覧会が開かれています。

同時に第5回入江泰吉記念写真賞の受賞作品展が開かれています。

HPです⇒ https://naracmp.jp/

Dsc_3064

早速行ってきました。

桃や桜を入江さんの写真で一足早く拝見できました。

入江さんの写真は生き生きしていますね。

ぜひご覧戴きたいと思います。

 

また受賞作はそれぞれに良いと思いました。

大ベテランのよく見かける方も今回入選されていました。

 

亡くなられた奥田勝紀さんも、入選されていたことを思い出しました。

若草山焼きを麓から撮影された写真でした。奈良市民だよりの表紙を飾られたこともありました。

作品は永遠だと思います。

以下の鹿鳴人のつぶやきに残しています。

http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-a2dfd8.html

3b224_20240207180901

奥田勝紀さん入選作品「若草山焼き」

 

2024年2月 8日 (木)

大和郡山 盆梅展と大和民俗公園

Img934_20240206121401

大和郡山の盆梅展が開かれています。

第21回を迎えます。場所は郡山城跡、

追手門、追手門櫓、多聞櫓です。

盆梅展の案内ページです⇒https://www.city.yamatokoriyama.lg.jp/soshiki/chiikishinkoka/event/2/1649.html

Dsc_3062

大和郡山市の矢田町の大和民俗公園のロウバイも甘い香りと読売新聞2月6日付は伝えています。合わせて観覧もおすすめです。

 

2024年2月 7日 (水)

ビルマ難民画家の絵画展

Img933_20240205113701

2月11日ー12日、ビルマ(ミャンマー)難民画家の絵画展が、ギャラリーまつもりで開かれます。

10時~17時まで。入場無料です。

2024年2月 6日 (火)

3月1-2日 奈良まちなかバル チケット販売開始です。

419475820_779404467546991_36501770263877

3月1-2日に、奈良市中心市街地の、あるくん奈良まちなかバルです。

いよいよ5日からチケット販売開始されました。

くわしくこちらをご覧下さい ⇒ https://www.naracity-bar.info/

Img935_20240206134301

2024年2月 5日 (月)

来村先生と松原さんの対談 壁画 4

Dsc_2966

https://www.youtube.com/watch?v=AY1mKi0X6cc

 

 

今回は、来村 多加史(きたむら たかし)先生との対談「キトラ古墳・高松塚古墳」の壁画編の第4話です。
前回の高松塚古墳の四角い天文図に続きまして、中国の天文図の類例と比較して解説して頂いております。これを機会に、国宝壁画の「天文図」はどのようなものなのか?それは何を意味しているのか?などを知って頂けたら幸いです。

 

0:00 オープニング
0:33 高松塚古墳の天文図と蓋の関係
2:54 他に類例はあるのか?
9:04 天文が出発の合図?
14:43 日本的なアレンジ?
15:29 壁画を描いたのは?
17:01 まとめ

 

【来村先生の経歴】
来村先生は兵庫県明石市のご出身で、幼い頃から考古学に興味を持っておられました。
高松塚古墳を発掘された関西大学「網干 善教(あぼし よしのり)先生」に憧れ、関西大学に入学して網干先生に師事。
関西大学大学院博士課程終了後、中国陵墓研究により博士号を取得されました。
現在は阪南大学の教授として学生に「観光学」を指導。
他にもテレビ出演や書籍の出版、また観光ガイドとして「クラブツーリズム」の講師など多方面で活躍されております。

 

「来村 多加史先生 Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/来村多加史

 

「阪南大学 講師紹介ページ」
https://www.hannan-u.ac.jp/doctor/tou...

 

「来村多加史講師同行ツアー」
https://tour.club-t.com/tour/relation...

 

「来村先生の著書(Amazon)」
https://www.amazon.co.jp/s?k=来村多加史&ad...

 

こちらの映像が参考になりましたら、高評価ボタン、コメントなどよろしくお願い致します。

 

YouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/c/NaraConcierge

 

ソーシャルメディア
Instagram:https://www.instagram.com/nara_concie...
Facebook:https://www.facebook.com/naraconcierge
Twitter:https://twitter.com/Nara_concierge

 

 

2024年2月 4日 (日)

『行基生誕1355年記念シンポジウム』~行基さん講演会・地域連携セミナー~ 第2部

2023年11月12日に開催された『行基さん記念シンポジウム』の第2部が、youtubeで公開されましたので、紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=BQSLljTqLu0

Img927_20240123115101

 

「歴史遺産で繋がる自治体連絡調整会議」の主催により、「行基生誕1355年記念シンポジウム~行基さん講演会・地域連携セミナー~」を開催いたしました。
同シンポジウムでは、行基の功績やその生涯等について有識者からご講演いただき、また、行基にゆかりのある自治体関係者から、各地域における歴史遺産を活用した地域の活性化、地域連携等について議論いただきました。

とのことです。

 

2024年2月 3日 (土)

2月10日からお水取りの展覧会 ふたつ

2月になると、東大寺の修二会(しゅにえ)の雰囲気が漂う奈良の町です。

2月10日から、お水取りのふたつの展覧会が開かれます。

奈良国立博物館では3月17日まで、特別陳列「お水取り」です。

HPは https://www.narahaku.go.jp/exhibition/special/feature_exhibition/202402_omizutori/

Img918

そして東大寺南大門の近くの、東大寺ミュージアムでは

特集展示「二月堂ー修二会を支える法会空間-」が3月18日までひらかれます。HPです⇒https://www.todaiji.or.jp/information/museum/

Img919

2024年2月 2日 (金)

国産の甕(かめ)のお嫁入り

Dsc_3029

奈良に帰って器まつもりに勤務して49年、そして店は明治4年創業で153年になります。

先日、お客様が、当方の店で国産の久松(キュウマツ)の甕(カメ)を見つけられました。あちこち探し回っていたけれど、ようやく見つけられたとのことです。
というのは、もう数年経つのですが、国産の有名な久松の甕の窯元は、倒産したのでほぼ国産の甕は流通していません。

国産で長年作ってこられて定評があったのですが、中国のメーカーにデザインも真似られて安く作られ(人件費と為替レートの関係でと思われますが)日本の量販店で安く販売されたので、とうとう企業努力もかなわず、倒産されたのです。

したがって、ほぼ国産の甕は日本でいまや流通していないと思われます。

お客様にはたいへん喜んでいただき、当店の在庫を9個すべて買っていただきました。やはり国産の甕は、ラッキョ漬けにしても梅干しにしても醤油造りにしても、味が全然違うそうです。

10升(1斗、18リットル)など。台車3台に載っています。ご自宅へ配達前のお嫁入り前に、記念に写真を撮りました。

以下は以前に撮ってもらった器まつもり店頭風景。看板類は、書道家 長岡光邨氏に書いていただいたもので作成したものです。近頃、長岡文雄(光邨)先生に注目が寄せられており、うれしいことです。

20140807113845e78

 

2024年2月 1日 (木)

2月8日から なら瑠璃絵

Img913_20240120104801

2月8日から14日まで、なら瑠璃絵2024です。

公式サイトです⇒https://rurie.jp/

2024年1月31日 (水)

しかさんしょこら

もちいどの夢CUBE、左の4軒目に「しかさんしょこら」というお店がオープンしています。

Dsc_2981_20240128130601

Img930_20240126141201

山椒のこだわり

小麦粉をつかわない(グルテンフリー)

Dsc_3063

山椒入り 一切れ。300円です。濃厚でなかなか美味しいガトーショコラです。ほんのり山椒の味と香りがあります。

 

ホームページです⇒https://shikasanchocolat.milleturu.com/

2024年1月30日 (火)

3月2日「いのちをつなぐ水と流域・地球市民対話プロジェクト地域フォーラ ム 2024 in Osaka」

行基さん大感謝祭実行委員会からの情報が届きましたので紹介させていただきます。
 
尾田栄章会長が基調講演されます。

 

---------
フォーラム名:「いのちをつなぐ水と流域・地球市民対話プロジェクト地域フォーラ
ム 2024 in Osaka」

 

テーマ:「琵琶湖~淀川~大阪湾流域圏 流域で培われた人と水の知恵、未来へ」

 

■ 第1部 オープニング
開会挨拶 中村 利雄 (イベント学会 会長、愛・地球博 事務総長)
    福井 弘道 (いのちをつなぐ水と流域・地球市民対話プロジェクト推進委員長、中部大学 副学長)
趣旨説明&ポスター発表者紹介 古澤 礼太(中部大学国際ESD・SDGsセンター 准教授)

 

■基調講演
基調講演1「川と水そして流域圏 ―行基の本願を世界へ、そして未来へ!―」
【講師】尾田 栄章(元建設省河川局長、第3回世界水フォーラム 事務局長)

 

基調講演2 「いのちの物語(生命誌)を支える水 ―長い時間と大きな広がりの中でー」
【講師】中村 桂子(JT生命誌研究館 名誉館長)

 

休憩・昼食(ポスターパネル展閲覧)

 

■ 第2部 オープニング
祝辞 松浦晃一朗(第8代ユネスコ事務局長)

 

■パネルディスカッション1
「大阪湾流域圏で考える水と環境・生業・文化」 
【パネラー】

 

竹門 康弘(大阪公立大学 客員研究員)
 三和 伸彦(滋賀県 理事〔琵琶湖政策・MLGs推進担当〕、〔公財〕琵琶湖・淀川水質保全機構 理事長)
 鈴木 康久(京都産業大学現代社会学部 教授)
【コーディネーター】 澤井 健二(琵琶湖・淀川流域圏連携交流会 代表幹事)

 

■ポスターパネル展コアタイム& 休憩(20分)
【コーディネーター】 石田 裕子(摂南大学理工学部 都市環境工学科 教授)

 

■パネルディスカッション2
「大阪・関西万博を契機に、世界に何を発信するのか‼」
【パネラー】

 

福井 昌平(日本イベント学会 副会長、愛・地球博 チーフプロデューサー)
 稲本 正(イベント学会中部地域本部)
 ウスビ・サコ(2025大阪・関西万博 博覧会協会 副会長、京都精華大学 前学長/人間環境デザインプログラム 教授)
【コーディネーター】 古澤 礼太(中部大学国際ESD・SDGsセンター 准教授) 

 

■総評・閉会: 古澤 礼太(ポスターパネル総評 石田 裕子) 

日時: 2024年3月2日(土)10:30~16:30 

 

場所: 大阪市中央公会堂 大集会室

 

主催: 「いのちをつなぐ水と流域・地球市民対話プロジェクト」推進委員会

 

共催: イベント学会、地球産業文化研究所(GISPRI)、中部ESD拠点協議会、 中部大
学国際 ESD・ SDGsセンター

 

協 力(予定):(一社)近畿建設協会、国土交通省近畿地方整備局、京阪ホールディング
ス(株)、摂南大学、中部圏SDGs広域プラットフォーム 後援: 滋賀県、枚方市、その他
調整中

 

 

※本フォーラムは、「土木学会CPDプログラム」(単位数:3.4単位)に認定されてい
ます。

https://mizutoryuiki.jpn.org/report3.html

 

2024年1月29日 (月)

「万の言の葉の歌 改訂新版」 啓林堂奈良店にて

近鉄奈良駅近くの啓林堂奈良店の1Fレジーのすぐ近くの奈良本の棚に、入荷していました。西田大栄営業部長ありがとうございます。

Dsc_3011

店内をうろうろしていると、城で有名な千田嘉博先生の色紙に並んで、4年前に書いた、わたしの色紙も展示されているのを見つけました。(アレー!!)

Dsc_3012_20240127105001

そして奈良新聞1月27日付で、下村敏博さんの記事が大きく載っていました。

(以下、有料購読の奈良新聞電子版の記事です)

 

 本業の弁護士の傍ら、テノールの歌い手としてリサイタルや作曲など音楽活動を続ける「奈良まほろば法律事務所」(奈良県大和高田市高砂)代表、下村敏博さん(73)=香芝市=が昨年12月、万葉集の和歌に曲を付けた楽譜集「万(よろず)の言の葉の歌 改訂新版」を出版した。下村さんは「歌い、聴くことで、現代の人が万葉集に親しむきっかけになれば」と独唱や合唱、合奏などでの活用を願っている。

 楽譜集には、万葉の四季▷挽歌(ばんか)・辞世の句▷防人(さきもり)の歌▷万葉の恋の歌―などのテーマごとに、84首の万葉歌を題材にした36曲を収載。巻末に40ページの解説を添えた。

 

 曲目は、志貴皇子の和歌「石(いわ)走る垂水(たるみ)の上の早蕨(さわらび)の萌え出づる春になりにけるかも」の楽曲「さわらび」から始まる。春が来る喜びの情景を、女性のソプラノとアルト、男性のテノールとバス―の混声四部構成でみずみずしく表現している。

 「詩は音楽と一体になった時、新たな生命を吹き込まれる」と下村さん。作曲の過程では「和歌を繰り返し読み、言葉一つ一つにふさわしい旋律を思い浮かべた」と振り返り、車で移動中も、頭に旋律が浮かべば口ずさんで譜面に書き留め、曲を展開し、ピアノの鍵盤で和音を探ったという。

 下村さんは一橋大学で混声合唱団に所属。奈良に戻り弁護士になってからも音楽をライフワークとする。2011年、明日香村で開かれた万葉歌コンクールで作曲した「ひめゆり」が明日香村村長賞を受賞したのを機に、万葉集に楽曲をつける試みを継続。17年には万葉歌の合唱団「アンサンブル・エテルノ」を結成。県内外で不定期に活動する。

 本業では県弁護士会会長や自治体の委員などを歴任。15年春、労働行政功績で藍綬褒章を受けた。「音楽の美しさは対立と調和で生まれる。社会全体や弁護士の仕事のあり方に通じる」と「紛争ゼロ」の社会を目指し、話し合い、納得のいく解決に取り組んでいる。

 書籍はB5判全180ページ。2200円(税込み)。インターネット通販Amazоnなどで販売。

 

 6月30日午後1時30分、奈良市三条宮前町のなら100年会館でソロリサイタルを開催。空席があれば当日入場無料。秋には万葉歌を歌うリサイタルも企画中。問い合わせは下村さん、電話090(3283)8902。

418731180_7332932840091530_4407493506931

2024年1月28日 (日)

2024若草山焼き 点描

ここ数日良い天気で雨も降らず、乾燥していたのでしょうか、今年は良く燃えました。

興福寺五重塔の素屋根の工事が遅れたため、今年の山焼きを五重塔をシルエットにして見ることが出来ました。

P1120989 P1130010 P1130034 P1130014 P1130027 P1130049_20240127190301 P1130062 P1130076 P1130089

そしてその後、思いがけなく、お月様がしかも満月のお月様が五重塔のすぐそばに現れました。

50年近く同じ場所から、若草山焼きを拝見していますが、初めてのことでした。

五重塔もこのあと10年素屋根に囲われて、若草山焼きのときシルエットで拝見できませんし、その山焼きのさなかにどなたの演出か存知ませんが、興福寺五重塔のすぐ左手にゆっくりと満月が昇っていきました。映像作家の保山耕一氏の映像でとらえられているのかどうか、楽しみにしたいと思います。取り急ぎ、わたしのスマホの画像です。

Dsc_3019

映像作家の保山耕一さんのyoutubeの素晴らしい映像です。 https://www.youtube.com/watch?v=vDQqN22-Q08

 

<>

『行基生誕1355年記念シンポジウム』~行基さん講演会・地域連携セミナー~ 第1部

Img927_20240123133601

Dsc_2532

https://www.youtube.com/watch?v=LrO4uwBKhyw

2013年11月12日におこなわれた、『行基生誕1355年記念シンポジウム』~行基さん講演会・地域連携セミナー~ 第1部

橋村・東大寺別当、花山院・春日大社宮司、西山・唐招提寺八十八世長老の鼎談などが行われました。

そして、行基さんフォトコンテスト表彰式のビデオです。1時間40分ほど。

時間をかけてゆっくりご覧下さい。

2024年1月27日 (土)

2月3日 節分の行事

元興寺では節分の行事が行われます。HPです。

https://gangoji-tera.or.jp/

Dsc_2963

春日大社では節分万灯籠です。

https://www.kasugataisha.or.jp/

Dsc_2965

 

 

2024年1月26日 (金)

もちいどのセンター街に、靴やさんオープン

Dsc_2968

もちいどのセンター街のなかほど、最近までギャラリー「あい」さんがあったところに、靴やさんがこのほどオープンしました。

にほんのくつ、というお店と同じ経営だそうですが、もうひとつ並びでメーカー名のFlower  Mountainという靴やさんがオープンしました。

Dsc_2974

靴やさんのオープンは珍しいことです。あまり見かけたことがない、少し変わったスニーカーなどが売られています。姫路のくつなど、にほんのくつだそうです。

最近のあちこちの商店街には飲食店のオープンの多い中、物販のお店のオープンです。期待したいと思います。

名刺をいただきました。

 

Img920_20240121131501

2024年1月25日 (木)

もちいどのセンター街 令和6年度 新年祝賀パーティー

奈良ホテルにて、奈良商工会議所、奈良市観光協会、奈良市中心市街地の商店街理事長の皆さんほか、日頃お世話になっている来賓多数を招き、また多数の商店街の皆さんの出席を得て、もちいどのセンター街 令和6年度 新年祝賀パーティーがありました。

冒頭、2年目になる魚谷もちいどの理事長の元気な挨拶。わたしもあらためてよく16年間ももちいどの理事長を務めたと思い起こしました。

Dsc_3002

そして、地元椿井小学校卒業の県会議員2期目の46才の 疋田進一さんに力強いご挨拶と乾杯の発声をしていただきました。

ひきだ進一議員の公式ホームページ https://hikida-nara.com/

Dsc_3005

会場ではなごやかに懇親の輪が広がりました。

しばらくのち、もちいどの夢CUBEのリニューアルプロジェクトが平井副理事長から発表されました。

現在地の夢CUBEをリニューアルすると共に、新たに商店街に起業家のための商業施設を計画するというものです。

Dsc_30062

 

2024年1月24日 (水)

北陸地震、義援金支援の近鉄奈良駅行基広場での演奏風景

「歌手でピアニストの氷置晋さんとバイオリニストの農澤明大さんが、近鉄奈良駅噴水広場で、この寒空の中、今回の震災の義援金を募るためのライブをされています。4時までされる予定です。お近くを通られる際には、是非義援金のご協力をお願いします。(右の後ろ姿の女性はサクソフォン奏者の中村千紗さんです。)」との旧知のBさんのフェースブックのご紹介を見て行ってきました。

 

昨日までと様変わりの寒さでした。 昼間3度くらいでした。
12時から4時までの演奏で、3人とも指の感覚がなくなったと言ってました。
お疲れさまでした。

 

氷置晋さんと中村千紗さんは全国演奏旅行の合間に奈良に帰ってこられての演奏でした。たしか最近は四国の各地で演奏しながらのぴおーっきー号での旅行と聞いていました。

Dsc_2998 Dsc_2992 Dsc_2990 Dsc_2986

 

 

 

 

「映像と音楽で巡る奈良」2月公演  26日午後9時 受付開始

420726279_7008229249298769_5732382048266

映像作家の保山耕一さんからの情報です。

「映像と音楽で巡る奈良」2月公演

チケットのウェブ受付を26日(金)午後9時に開始します。

https://event.nara.jp/sp/feb

追加の出演者情報は詳細が決まり次第お知らせします。
ご期待ください。

27-28日 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり

Img926_20240123112601

1月27-28日、平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば

で 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつりがひらかれます。

ホームページです 

https://yamatoji.nara-kankou.or.jp/03history/01historic_sites/01north_area/heijokyuseki/event/d4srghwmc2/

 

2024年1月23日 (火)

万燈籠

5806549816905170250_20240111100201

https://www.youtube.com/watch?v=KCowdMwMWd4

 

奈良まほろばソムリエの会の友松洋之子さんが出演されています。


2月3日春日大社で「節分万燈籠」が行われます。
昨年の夏「中元万燈籠」は台風で中止されてしまいました。
万燈籠に行く前にこのYouTubeを見てからお出かけください。見どころ満載…なのですが、暗くなると燈籠の細部は見えないかな⁉︎

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拝観情報などの詳細は公式HPよりご確認下さい。
春日大社:https://www.kasugataisha.or.jp

 

【提供】ダイシン化工株式会社 http://daishinkk.co.jp/

 

【制作】ならどっとFM 78.4MHz http://narafm.jp/

 

【たまゆらα(アルファ) ~奈良の響き~ 】
奈良の魅力にとりつかれ、見たい、聞きたい、調べたい・・・と奈良県内を走り回っているNara観光コンシェルジュが、観光案内に出てこないdeepな奈良をわかりやすく紹介します。


【放送音源】http://784press.navvita.under.jp/?cid...

2024年1月22日 (月)

佐保川の水仙

Dsc_2967

映像作家 保山耕一さんの「佐保川の水仙」です。

https://www.youtube.com/watch?v=SsvGQ4ZpdiM

 

2024年1月21日 (日)

4月27日 復曲能 奈良八重桜のご案内

415919625_763409379150362_42519205026673 414920255_763409375817029_96108851222170

(画像をクリックすると拡大します)

4月27日(土)に奈良公園の奈良春日野国際F-ラム甍・能楽堂ホールで、復曲能「奈良八重桜」が行われます。

いま奈良八重桜の会では、チケットを販売しています。

19日うかがうと、好評で残席は少ないとのことでしたのでよく確かめてください。

Img916_20240120124701

奈良八重桜の会の2024年1月号をいただきました。

 

時を超え古え人(いにしえびと)とつなぐかに 奈良八重桜は堂あとに咲く (奈良八重桜短歌大賞受賞作品)

2024年1月20日 (土)

名古屋 大須商店街 散策

 Dsc_2930Dsc_2937

大須観音をお参りした後、大須商店街を散策しました。大須仁王門通りへ。

Dsc_2936 Dsc_2938

Dsc_2939 

仁王門通りから東仁王門通りへ。大須まねき猫のあるふれあい広場へ。

Dsc_2940

新天地通りを散策。平日の昼時ながら人が多く歩かれています。

Dsc_2943

商店街に面してビルがお寺です。萬松寺。白龍がありました。

Dsc_2949 Dsc_2944

名古屋へ来て、楽しみにしていた、味噌煮込みうどん、親子入り1200円を美味しくいただきました。

Dsc_2945

万松通りを通って、大須本通りへ。

旧知の地元Yさんにも最近の変化をうかがうことができました。ありがとうございました。

大須商店街の公式ホームページです⇒https://osu.nagoya/ja/

Dsc_2960_20240119194901

 

 

 

 

2024年1月19日 (金)

名古屋 大須観音お参り

名古屋で仕事あり、その前の時間に大須観音にお参りしました。久しぶりのお参りです。

Dsc_2930 Dsc_2933 Img20240118_09062960

大須観音のまわりに、大須商店街が広がっています。

Dsc_2960

2024年1月18日 (木)

1月27日 若草山焼き

Photo_20231224140101

伝統行事である、若草山焼きが1月27日(土)夕方行われます。

案内のホームページです。

 

https://www3.pref.nara.jp/yamayaki/

 

2024年1月17日 (水)

大安寺 光仁会

Dsc_2897_20240112131401 Dsc_2898

南都銀行本店ウィンドーの奈良市提供の展示です。

1月23日

大安寺では、光仁会、がんふうじ、が行われます。

大安寺のホームページです。https://www.daianji.or.jp/

2024年1月16日 (火)

飛鳥・藤原検定、締切りは26日まで

毎日新聞にも案内されています。

Img20240116_00072130

飛鳥藤原検定が2月10日に行われます。締切りは1月26日まで。

試験場は、東生駒の帝塚山大学にて。

くわしくは以下のホームページをご覧ください。

https://www.asukabito.or.jp/certification.html

2024年1月15日 (月)

保山耕一さん1月上映会に

Img905_20240113110801

1月14日、奈良公園バスターミナルのレクチャーホールにて、保山耕一さんの1月上映会がありました。

いただいたオープニングの様子。薬師寺に満月の映像。ピアノはすみかおりさん。

418426139_6972810692840625_2210604828744

きょうも元気な保山耕一さん。

Dsc_2922

いつも頑張っておられるアシスタントの清水真貴さん。

Dsc_2923

第一部は
ならどっとFM「岡本彰夫の奈良、奥の奥」公開収録


ゲスト:講談師四代目玉田玉秀斎 淺沼組の明治の頃の小学校建設を拝命したことを中心に講談がありました。

書道パフォーマンスの桃蹊(書家)さんと、音づれ、の書。訪れと同じニュアンスとのこと。

Dsc_2926

第二部のプログラム。中味の濃い映像が続きました。


映像作家保山耕一作品上映会「秋から冬へ」
司会:中川直子(ならどっとFM)
朗読:上本京子(朗読家)
短歌:松森重博(歌人)
歌:大垣知哉
歌:隠岐晋作
ピアノ:すみかおり
ギター:牧野由希子

そして以下は吉野の蔵王堂にて昨年12月21日に撮影された映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=LDmOjOP_ZZQ

コラボした短歌をということで、作らせていただきました。

正月の3日間。新アララギの生駒歌会の先生や友達のアドバイスを受けて作りました。

 

411141807_367109882587688_29279462103470

千年の祈りの響く蔵王堂 師走の吉野に初雪の降る      松森重博

 

皆様ありがとうございました。

 

2024年1月14日 (日)

不染 鉄 展覧会

奈良県立美術館では、1月13日から、開館50周年記念として、不染 鉄の展覧会が開かれています。

Img909_20240110154601

 

展覧会のホームページです。

https://www.pref.nara.jp/11842.htm

«春日大社 正式参拝へ

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29